築50年の古いビルに付加価値を付ける

古いビルのファサードのリノベーション。
鉄筋コンクリートの無機質な表情を木とアルミで構成した壁面で覆い、
新しさと古さの同居した、普遍性を持った外装に。
アプローチは道産の松材を、既存の壁面と天井面の形や窓の位置を考慮しながら、
適切にルーバー状に覆いながらも変化を付け、不思議な動きの感じられる形態になった。